HOME >

新着情報

新着情報

喫茶わかば 開店時間変更のお知らせ

更新日:2021年10月25日

2021年10月25日(月)より、喫茶わかばの開店時間を午前11時に変更しました。

喫茶わかばでは開店時間を以下のとおり変更しました。

開店時間:11:00から

引き続き、店内のご飲食は、換気・席数制限・飛沫防止シートの設置、検温・消毒など、感染症防止対策の上でご案内しております。

ぜひ喫茶わかばのご利用をお待ちしております。

問合せ:地域生活支援課
電話:042-575-3226 FAX:042-575-3554

組織変更のお知らせ

更新日:2021年10月1日

組織変更並びに業務移管について

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、本会では一層の経営基盤の強化と業務運営の効率化を図るため、下記のとおり一部組織変更を行いますのでご案内申し上げます。

                     記

■変更日
 2021(令和3)年10月1日付

■組織名
(旧)総務課 総務企画係     → (新)経営管理課    総務企画係
       ふれあい福祉センター              会計・経理担当
                               会館担当
(旧)総務課 権利擁護係     → (新)権利擁護センター 権利擁護係
(旧)総務課 地域包括窓口担当  → (新)地域生活支援課  地域福祉係
                               相談支援担当
(旧)福祉事業課 地域事業係   → (新)地域生活支援課  地域福祉係
                               相談支援担当
(旧)福祉事業課 介護事業係   → (新)地域生活支援課  介護事業係
(旧)障害者センター あさがお係 → (新)障害者センター  あさがお係
           障害者自立促進事業担当         自立促進事業担当 
           庶務担当                庶務・調理担当
(旧)障害者センター あすなろ係 → (新)あすなろ     あすなろ係

■組織変更に伴う主な業務移管
・貸付事業    :(旧)総務課 総務企画係    → (新)地域生活支援課 地域福祉係

・家計改善支援事業:(旧)総務課 総務企画係    → (新)地域生活支援課 地域福祉係

・地域包括窓口  :(旧)総務課 地域包括窓口担当 → (新)地域生活支援課 地域福祉係

■お問い合わせ先
 経営管理課 総務企画係
 TEL:042-575-3226
 FAX:042-575-3554

緊急事態宣言解除に伴う福祉会館の利用について

更新日:2021年9月30日

緊急事態宣言解除に伴う福祉会館の利用についてご案内いたします。

10月1日からの緊急事態宣言解除後のくにたち福祉会館の利用(緩和)は以下のとおりとなります。
引き続きマスク着用等、感染防止対策のうえご利用くださいますようご理解、ご協力をお願いいたします。

★貸出施設(会議室等)について
・時間帯による制限なし9時~22時まで
但し、東京都におけるリバウンド防止措置(期間:10月1日~24日)に伴い、夜間は21時までの利用協力をお願いします。
・水分補給を除く、飲食の禁止
・各部屋の定員は、定員の50%以下
・大ホールについては、動きを伴う使用(運動など)については40名以下、動きを伴わない使用利用60名以下

★老人福祉センター なごみについて
・入浴施設 事前申し込み 1時間あたり4名
・サークル活動再開
・ふるさとサロン再開(飲食は無し)
・ヨガ、健康体操再開
・2階休憩所の全体利用再開

★喫茶わかばについて
・10月中旬に再開予定

★各講習会について
・手話講習会 再開
・点字講習会 再開

★かるがもについて
・当面の間オンラインでの開催 

【お問い合わせ】
総務課 総務企画係 
電話042-575-3221 Fax042-575-3554

新型コロナウイルス陽性者(本会職員)の発生について

更新日:2021年8月12日

新型コロナウイルス陽性者(本会職員)の発生について

令和3年8月12日、本会に勤務する職員1名が、新型コロナウイルス陽性者として確認されましたので、以下のとおりお知らせします。

職員及び家族への人権尊重・個人情報保護にご理解とご配慮をお願いします。

所属
福祉事業課介護事業係 非常勤登録ヘルパー

職員の最終出勤日は令和3年4月であり、5月以降は出勤しておらず、7月上旬以降本会職員との接触もありません。
本会といたしましては、今後も感染予防対策を徹底の上、通常通り業務を継続いたします。

赤い羽根共同募金 2022(令和4)年度使用分地域配分の申請について

更新日:2021年8月10日

2022(令和4)年度使用分地域配分の申請が始まりました。

赤い羽根共同募金運動により集められた募金は福祉施設・福祉団体の活動のために活用されています。
2022(令和4)年度に実施する備品整備、小破修理、研修、後援会等の事業、新型コロナウイルスに対する事業に対しての配分申請を受付けます。

○応募資格
 国立市内の地域福祉の推進を目的に事業を実施している民間の福祉施設・団体
 ※会社法人が経営、学校法人および特殊法人が運営する施設は対象となりません。


○申請期限
2021(令和3)年9月1日(木)から10月22日(金)

○配分申請額
10万~30万円(申請事業費の75%以内)
※配分申請額が、そのまま配分決定額とはなりません。募金額や申請状況、審査等により配分決定額が決まります。

○対象事業
・新型コロナウイルス感染拡大防止に関する事業
・備品整備(原則として日常的に使用するものとし、消耗品は除く。事務管理用備品は対象外)
・利用者や地域住民が使用する防災・災害対策用備品
・小破修理(賃貸物件に係るものは対象外)
・研修・講習会(1つの内容とし、利用者一人につき1回、効果の一貫性を基準とする)
※いずれも2022(令和4)年度に実施する事業であること

○申請方法
申請書式は、東京都共同募金会のホームページ(http://www.tokyo-akaihane.or.jp)からダウンロードし、必要事項を記入のうえ、共同募金会国立地区協力会(国立市社会福祉協議会総務課内)へ提出


○配分決定
2022(令和4)年3月下旬頃に東京都共同募金会で開催される理事会・評議員会で決定後、通知される。

○配分金交付時期
2022(令和4)年6月に交付予定

○報告書等の提出必須
事業完了後、直ちに報告書と写真等データの提出

○問合せ
共同募金会国立地区協力会(国立市社会福祉協議会総務課内)
電話:042-575-3226
FAX:042-575-3554

【急募】障害者センターでは職員(非常勤職員)を募集しています。

更新日:2021年7月29日

一緒に働ける職員(非常勤職員)を急募します。
福祉に関する仕事をお探しなら、ぜひご応募ください!

国立市障害者センターは、1984(昭和59)年4月に開所した福祉事業所です。開所以来37年にわたって、社会福祉法人国立市社会福祉協議会が運営しています。
運営スタッフは約30人。チームワークでしょうがいのある方々の日中活動をサポートしています。
主に知的にしょうがいのある方が通う「あさがお」、しょうがいのある方の自立を支援する「自立促進事業」を運営しています。

★募集内容
支 援 員  賃 金 時給 1,150円
      手 当 介護業務手当 1時間につき100円加算(介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士をお持ちの方はさらに1時間につき50円加算)
通勤手当 規程にもとづき支給
      業 務 知的しょうがいのある方の日中活動の支援(作業や日中活動のサポート、食事や
排せつの介助など)
      勤 務 月~金曜日の週5日 午前9時から午後5時まで実働7時間(原則として、土・
日曜日や休日の勤務はありません)
      その他 勤務開始日は応相談。社保加入あり。

調 理 員  賃 金 時給 1,050円
      手 当 通勤手当 規程にもとづき支給
      業 務 給食(昼食のみ)の調理補助。管理栄養士の指導のもと、1日約60食を昼食調理
      勤 務 月~金曜日の内の週3~4日 午前8時30分から午後3時15分まで実働6時間
(原則として、土・日曜日や休日の勤務はありません)
      その他 勤務開始日は応相談。雇保加入の場合あり。

★応募方法
支援員、調理員とも、市販の履歴書に必要事項を記入のうえ、最近3カ月以内に撮影した顔写真を貼付し、下記まで郵送又はご持参ください。書類選考のうえ、おって合否及び面接試験の日程をご案内します(応募書類は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください)。
採用人数に限りがありますので、採用内定者が定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。お早めにお問合せ、ご応募ください。

★応募・お問い合わせ先
〒186-0003 東京都国立市富士見台2-1-32 国立市障害者センター 
国立市社会福祉協議会 障害者センター職員採用担当 まで
( TEL.042-573-3344 FAX.042-577-0379 )
※本募集に係る個人情報はこの非常勤職員採用の目的以外に使用せず、適切に管理保管のうえ処分します。

緊急事態宣言発出に伴う福祉会館の貸室や本会主催のイベント等について

更新日:2021年7月9日

緊急事態宣言期間中の福祉会館貸室、老人福祉センターや本会主催のイベント等について

福祉会館では、緊急事態宣言の発出を受け7月12日からコロナウイルス感染拡大防止のため以下の対応をいたします。ご不便をおかけいたしますがご協力くださいますようお願い申し上げます。
現時点では開館時間の短縮等は行いませんが、施設の利用につきまして再検討のご協力をお願いいたします。
なお、今後の状況により、利用の条件等について変更する場合がありますので予めご了承ください。

《貸室の取り扱いについて》
●時間帯
 日中、夜間ともに利用は可能。
 ご利用については再検討をいただきますようご協力をお願いいたします。
 緊急事態宣言中の新規貸し出しは中止。

●定員
 各部屋定員数の半分以下。
 大ホールは60名 身体を動かすプログラムは40名以下。

●その他
 館内での飲食は不可。(水分補給は除く)

《老人福祉センター なごみ について》
●入浴施設
 1時間あたり3名 完全予約制。お一人様週2回の利用可。

●サークル活動
 7月12日より活動を中止。

●スカイウェル、マッサージ機
 利用可能。

●休憩所
 テーブル、いすの使用の制限を実施。

●ふるさとサロン
 緊急事態宣言中は中止。

《本会主催事業》
●講習会、イベント
 原則、緊急事態宣言中は規模の縮小、延期および中止。
※子育てひろば「かるがも」は引き続きオンラインでの実施予定。

●健康体操・ヨガ教室・健康相談
 緊急事態宣言中は中止。

●手話講習会・点字講習会 
 緊急事態宣言中は中止。

《喫茶わかば》
●喫茶わかば営業
 緊急事態宣言中は営業休止。

詳細は、下記へお問い合わせください。
《問い合わせ先》
総務課、総務企画係
電話:042-575-3221 FAX:042-575-3554

総合支援資金 生活支援費【特例貸付】再貸付について

更新日:2021年2月19日

緊急事態宣言の延長等に伴う経済支援策として、新型コロナウイルス感染症の影響により減収・休業や失業された方に対し、総合支援資金 生活支援費(特例貸付)の再貸付を実施します。

■貸付対象 ※次の要件をすべて満たす世帯
・令和3年3月末までに、緊急小口資金及び総合支援資金の貸付が終了(予定も含む)すること
・新型コロナウイルスの影響による減収・休業や失業等により、現在、生活困窮状況にあること
・自立相談支援機関での相談や継続的な支援を受けること

新型コロナウイルス感染症への対策として、郵送での申請をお願いいたします。

書式等につきましては東京都社会福祉協議会のホームページをご参照ください。
https://www.tcsw.tvac.or.jp/activity/2020-0413-1036-17.html#saikashi

お手続き等につき、ご不明点がございましたらお問い合わせください。

問合せ先
国立市社会福祉協議会 貸付担当
電話:042‐575-3221 FAX:042‐575-3554



申請から送金まで1か月以上時間を要する可能性があります。
その間の生活にご不安のある方は下記までご相談ください。

・生活費を含めた困りごとの相談
国立市役所 ふくふく窓口 042-576-2111 (内線275・292)
・生活保護の相談
国立市役所 福祉総務課 相談保護係 042-576-2111 (内線163・164)

【延長】喫茶わかばの休業について

更新日:2021年2月4日

緊急事態宣言の延長に伴い、喫茶わかばを引き続き休業します。

令和3年1月7日発令した緊急事態宣言の延長に伴い、福祉会館内の『喫茶わかば』は以下とおり引き続き休業いたします。ご理解、ご了承のほどお願いいたします。

①休業場所  喫茶わかば
②休業期間  令和3年1月13日から緊急事態宣言解除まで

《問い合わせ》
総務課総務企画係 喫茶わかば担当
tel:042-575-3226 fax:042-575-3554

【延長】老人福祉センター趣味の会の活動停止について

更新日:2021年2月4日

緊急事態宣言延長に伴い、引き続き、趣味の会の活動停止をお願いしています。

令和3年1月7日発令した緊急事態宣言の延長伴い、既に一部のサークルでは活動を自粛されています。高齢者の感染リスクは高いと言われており、利用者皆さまの生命と安全を最優先にすべきと判断したことから以下とおり活動を引き続き停止いたします。
ご理解、ご了承のほどお願いいたします。

①対象サークル  趣味の会 全サークル
②活動停止期間  令和3年1月15日から緊急事態宣言解除まで

《問い合わせ》
老人福祉センター なごみ 趣味の会担当
tel:042-575-3221 fax:042-575-3554

緊急小口資金および総合支援資金の特例貸付の据置期間の延長について

更新日:2021年1月13日

新型コロナウイルス感染症の影響による緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付について、この度の緊急事態宣言の再発令を受け、令和4年3月末日まで据置期間を延長することが決定しました。

詳しくは東京都社会福祉協議会のホームページをご確認ください。
⇒https://www.tcsw.tvac.or.jp/activity/2020-0413-1036-17.html

【重要】くにたち福祉会館貸し部屋の利用方法の変更について

更新日:2020年11月12日

くにたち福祉会館貸し部屋の当日貸出が出来るようになります。 

11月16日(月)より当日の貸し部屋利用の方法が以下の通りに変わります。

【内容】
1.貸出会場  当日に使用されてない会場のみ。

2.受付方法  当日直接福祉会館2階事務コーナー(日曜日は1階)にて受付をしてください。
       *夜間の受付は当日午後4時30分までです。

3.受付時間  午前9時から午後4時30分まで

4.利用料   従来どおり
※時間途中からの使用であっても、使用料金の割引はありません。

※電話での空き状況の確認はできますが、受付された団体が優先になります。

【問合せ】 総務課総務企画係 
      電話:042-575-3226
       fax:042-575-3554

コロナ関連の特例貸付の申請書類の書き方について

更新日:2020年5月15日

コロナ関連の特例貸付の申請書類の書き方についてご紹介します。

特例貸付の書類の書き方について厚生労働省が動画で案内をしています。
今後申請を予定されている方は下記のアドレスをご参照ください。

https://twitter.com/MHLWitter/status/1259711880899125252

問合せ:総務課総務企画係 貸付担当
電話:042-575-3226 FAX:042-575-3554