HOME >

新着情報

新着情報

第8回「語(かだる)」を開催しました。

更新日:2013年7月9日

6月9日(日)に府中市郷土の森博物館のあじさい祭りに出かけてきました。

当日は快晴。みなさん、それぞれに園内を周ったり、子ども達は水遊びをしたりと、楽しまれていました。
避難元のことを思い出されるお話などありましたが、くにたちのみなさんに温かく見守っていただいている、と感謝されていました。今後も避難されている方々へのお手伝いに取り組んでいきます。


※本件に関するお問い合わせは…
  避難されている方向け専用ダイヤル 0120-294-087
          総務課総務企画係 清水

スイセンが咲き始めました。

更新日:2013年3月6日

11月に植えたスイセンの花が咲き始めています。
日比谷花壇さんで行なっている活動、球根シェア「5for5」からいただいたスイセンの球根から花が咲き始ました。
雪や寒さにも負けず、着実に育っています。
現在咲いているスイセンは、テタテタという種類のスイセンです。
これから別の種類のスイセンも咲き始めます。

くにたち福祉会館の南側正面玄関の花壇でご覧いただけますので、
お近くにいらっしゃる際はぜひご覧ください。


*球根シェア「5for5」とは、球根5球1セットをお買い求めいただいた方から東日本大震災の被災地や広域避難者の方々に「5球のスイセン」が贈られ、それぞれの場所でスイセンの花を咲かせ、春の訪れを喜びあおうという趣旨で行なわれている日比谷花壇さんの活動です。

スイセンを植えました!

更新日:2012年11月7日

日比谷花壇さんの球根シェア「5for5」の活動からいただいたスイセンの球根を11月7日(水)にくにたち福祉会館の喫茶わかば前の花壇に植えました。

くにたちに避難されている方もおひとりでしたが、お手伝いしていただきました。
宮城に住まれていたときもスイセンなど球根を植えていたようで、
色々と教えていただきながら、無事植えつけることができました!

また、花が咲いたら報告します!

☆球根シェア「5for5」ホームページ⇒http://www.totomoni.net/project_suisen/

第3回「語(かだる)」を開催しました。

更新日:2012年6月1日

5月27日(日)に第3回「語(かだる)」を開催しました。

小学1年生から91歳の方まで幅広い年代の方が参加され、
総勢18名で立川市にある国営昭和記念公園へ出かけました。
準備の段階から心配していた天気は無事晴れました。

くにたち福祉会館を出発し、昭和記念公園に到着後は全員で「みんなの原っぱ」まで行き、その後は自由行動になりました。
何名かはそのまま残昼食をとりながらお話ししました。
地元が近い方は共通のお知り合いもいたようで、お話が盛り上がっていました。

翌日に参加された方が何人かくにたち福祉会館へ顔を出してくださって、
「たのしかったよ、ありがとう」とお声をかけてくださいました。
みなさんそれぞれにゆっくりと楽しい時間を過ごされたようです。

次回の「語(かだる)」は7月下旬を予定しています。
詳細が決まり次第あらためてご案内いたします。

※本件に関するお問い合わせは…
  避難されている方向け専用ダイヤル 0120-294-087
            総務課総務係 星野・清水

交流会「語(かだる)」を開催しました。

更新日:2012年3月26日

3月25日(日)に第2回国立市内に避難されている方の交流会「語(かだる)」を開催しました。
当日は12世帯21名の方々のご参加をいただきました。
ありがとうございました。
交流会では、久しぶりに会った方といろいろとお話しされたり、ご自分のお孫さんと同じ年くらいのお子さんと遊んだりして、みなさん楽しそうに過ごされていました。
また、今回初めて参加された方も多くいらっしゃいましたが、地元が近くの方とのお話が盛り上がっていたりとにぎやかな交流会となりました。

今後も引き続き「語(かだる)」を開催していきます。
その際にはあらためてご案内をさせていただきますので、今回ご参加の方もご都合で参加できなかった方も、ぜひ次回いらしてみてください。
国立市内へ避難されており、国立市役所へお届けの方には直接ご案内を差しあげます。国立市へ避難している旨をまだお届けでない方はぜひお知らせください。
ご家族の方も一緒にご参加いただけますので、お気軽にお越しください。

また、今回の交流会では、国立市社会福祉協議会から参加されたみなさんへ紙すきハガキをお配りしました。
この紙すきハガキは法人内の障害者センター「あさがお」に依頼をして、被災地から取り寄せている新聞を使って、作られた新聞です。ぜひ、このハガキを使ってお手紙を書いてみてください。

  
 ※本件に関するお問い合わせは…
  避難されている方向け専用ダイヤル 0120-294-087
            総務課総務係 星野・清水

女性のための電話相談・ふくしまが開設しました。

更新日:2012年2月28日

内閣府と福島県の共催で、避難されている女性のための電話相談・福島が開設しました。

東日本大震災以降、長引く避難生活や低線量被ばくの影響による不安やストレスを抱え込んでいるような方のために、電話相談窓口を設置しました。
家族のこと、仕事のこと、近所づきあいのことなど、女性の相談員が話を聞きます。まずはお電話してみてください。

●電話番号 0120-207-440(全国フリーダイヤル:携帯電話も通話無料)
●相談時間 月曜から金曜(祝日除く) 午前10時から午後5時



【その他の女性の相談に関する窓口】
•福島県男女共生センター 電話番号 0243-23-8320
•福島県女性のための相談支援センター 電話番号 024-522-1010
•パープル・ホットライン 電話番号 0120-941-826
•内閣府DV電話相談ナビ 電話番号 0570-0-5521(最寄りの相談窓口の案内)

くにたち福祉会館1階ホールで河北新報・岩手日報が閲覧できます

更新日:2012年2月1日


2月1日からくにたち福祉会館1階ホールで上記の2つの新聞がご覧いただけるようになりました。
この2紙以外にも、福島民報・福島民友の閲覧もできます。
くにたち福祉会館にお寄りの際はぜひご覧になってみてください。
国立市社会福祉協議会では、今後も避難されている方々に向けて情報提供を行なっていきます。
※本件に関するお問い合わせは
 総務課総務係 避難者専用ダイヤル 0120-294-087 へ。

交流会「語(かだる)」ご報告~たくさんのご参加ありがとうございました。

更新日:2012年1月23日

国立市内に避難されている方々の交流会「語(かだる)」を1/22開催しました。

国立市内に避難されている方の中から、近隣にどんな方が避難しているかわからない、交流会などあれば参加したいというお声がありました。
そこで、国立市と国立市社会福祉協議会で避難されている方々の交流会「語(かだる)」を企画させていただき、1/22(日)午後、くにたち福祉会館3階和室を会場に開催させていただきました。
当日は11世帯18名の方々のご参加をいただきました。ありがとうございました。生後4か月のお子さんから90歳の方までのご参加があり、自己紹介をはじめいろいろとお話しを聞かせていただきました。その後はお隣同士や避難元のお近くの方同士などで自然とお話しが広がり、予定の2時間はあっという間に過ぎてしまいました。
当日アンケートでも「よかった」というお声がたくさんいだきました。今後も引き続き「語(かだる)」を開催させていただく予定です。
その際にはあらためてご案内をさせていただきますので、今回ご参加の方もご都合で参加できなかった方も、ぜひ次回お足運びください。

★次回予定  
 3月中旬の日曜日 午後


★会場  
 くにたち福祉会館3階和室
 国立市富士見台2-38-5

★申込み  
 国立市内へ避難されており、国立市役所へお届けの方には直接ご案内を差し上げます。国立市へ避難している旨をまだお届けでない方はぜひお知らせください。

ご家族の方も一緒にご参加いただけますので、お気軽にお越しください。

※本件に関するお問い合わせは…
  避難されている方向け専用ダイヤル 0120-294-087
            総務課総務係 星野・清水

復旧・復興支援制度検索サービスがオープンしました。

更新日:2012年1月18日

個人向け、事業者向けのさまざまな復旧・復興支援制度の検索サービスが始まりました。

東日本大震災復興対策本部、内閣官房情報通信技術(IT)担当室、内閣府防災担当、総務省、経済産業省が事務局となり、国や地方自治体の支援制度を検索できるサービスが始まりました。
個人向けのページでの検索は、以下のような方法でできます。

【フリーワード検索】
【地域から探す】
【支援の種類】
 ・給付・還付
 ・貸付(融資)
 ・減免・猶予(延長・金利の引き下げ含む)
 ・現物支給・現物貸与
 ・サービス
 ・助成・補助
 ・立替(債権者向け・債務者向け)
 ・信用保証
 ・その他支援
【カテゴリから探す】
 ・住まいのこと 47件
 ・仕事のこと 38件
 ・医療・福祉のこと 65件
 ・子育て・教育のこと 53件
 ・おかねのこと 63件
 ・その他・くらしに関わること 62件
 ・原子力関係のこと 30件

個人向けの225件のほか、事業者向けには199件の制度が登録されており
今後も追加されていくとのことです。
インターネット環境がある方はぜひご活用ください。
アドレス⇒ http://www.r-assistance.go.jp/

※本件に関するお問い合わせは
 総務課総務係 避難者専用ダイヤル 0120-294-087 へ。

県民健康管理調査基本調査問診票の記入について

更新日:2011年12月26日

福島県から避難されているみなさまへ

福島県災害対策本部より県民健康管理調査 基本調査問診票記入の手引き、DVD「県民健康管理調査 基本調査問診票の書き方」が国立市社会福祉協議会へ送付されました。
くにたち福祉会館1階ホールにて県民健康管理調査 基本調査問診票記入の手引きを配布しております。
DVDも必要に応じて貸出いたしますので、ご希望の方は下記の連絡先までお問い合わせください。

※本件に関するお問い合わせは…
 総務課総務係 避難されている方向け専用ダイヤル 0120-294-087

都内での就職を希望される方へ

更新日:2011年12月20日

緊急就職支援事業が利用できます。
緊急就職支援事業とは、東日本大震災で被災された方を対象にカウンセリングから職業紹介、就職後の職場訪問等、継続的な支援が行われます。
東日本大震災により、東京都内へ避難されている方で就職を希望される方であれば、ご相談可能です。

【相談窓口】
東京都しごとセンター多摩(http://tokyoshigoto.jp/tama/)
緊急就職支援事業専用ダイヤル
TEL.042-329-4514
※平日 午前9時から午後8時まで
 土曜 午前9時から午後5時まで
 日曜・祝日・年末年始(12/29から1/3まで)

【所在地】
東京都国分寺市南町3-22-10
東京都労働相談情報センター国分寺事務所2階
※国立からはJR中央線・東京方面の電車に乗車、「国分寺駅」下車。
 「国分寺駅」南口から徒歩5分。

本ページは国立市内へ避難されている方向けの情報を掲載しています。

更新日:2011年12月1日

新着情報はこちらをご覧ください。

国立市社会福祉協議会では、東京都社会福祉協議会の補助を受け、国立市内へ避難されている方向けに、情報提供等を行っていきます。
その一環として、法人ホームページに本ページを追加しました。インターネット環境のある方はぜひ定期的にご覧くださいますようご案内申し上げます。

※本件に関するお問い合わせは…
 総務課総務係 避難者の方向け専用ダイヤル 0120-294-087 まで。